シャンソン花祭り

2011-06-16

4月29日(金)の神戸布引ハーブ園でのシャンソン花祭りは、朝からお天気にも恵まれて、新しくなったロープウェイからの景色も素晴らしかったです。森のホールも木で造られていることもあり、温かな感じで、音響も柔らかく響き渡るようでした。一部は、みんなで『花まつり』から歌いだし、14曲目のとりに『ゴンドリ。ゴンドラ』を、太田正美さんと二人で歌いました。今回から私達は、「デュオレザムール」というお名前をいただき、その名前でのデビュー、昨年の秋に二人でリサイタルをしましたので、二人の息もピッタリでした。休憩の後、二部は、メンバーそれぞれの持ち歌を披露。私は、最後に、『メモリー』を歌い、堀先生の『今・今・今』と『水に流して』と続き、フィナーレは全員で、『おお、シャンゼリゼ』とおなじみ『パリ野郎』 今回は、神戸市長もお越しいただき、タイトルの言葉通り、~神戸の街にシャンソンは流れる~を新しくなったハーブガーデンで実現できたように思います。

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

メニュー
プロフィール

渡辺二笙

Author:渡辺二笙
学生時代より木彫工芸に取組み、木彫はちのす会副会長を努める。1992年「NHK婦人百科」、1999年、NHK「おしゃれ工房」に講師として出演。西宮教室をはじめ、NHK大阪文化センター、東京大崎教室、東京三越カルチャー、神戸海星女子学院などの講師を務める。
著書に、「初歩からはじめる木彫」(NHK出版)・「木彫りがおもしろい」(マコー社)・「おしゃれな木彫を趣味に」(マコー社)ほか多数

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR