ウェルかめに登場

2010-06-05

 昨年9月末から、今年の3月までNHK朝の連続ドラマ「ウェルかめ」に登場した木彫のかめをすべて彫りました。
そして、出演の父親役の石黒賢さんや、航くんに木彫指導をして、番組のお手伝いをさせていただきました。NHK大阪スタジオでの木彫指導は、カメラが回る中の緊張の場面で、収録が終わるたびに、その放送が待ち遠しい思いでした。ウミガメをイメージしたかめの立体作品でしたが、できるだけ愛らしい表情で仕上げてみました。「ウェルかめ」と呼びかけながら、はまもと荘に来られたお遍路のお客さんに木彫を手渡しているシーンが何度かありましたが、お父さんが木彫にはまっていき、たくさんの木彫かめをみちの駅に持っていき、手作りの大切さを駅長さんが力説している場面は、思わず応援してしまいました。
幸せを呼ぶかめ
かめの小箱
ウェルかめで、テレビに放送された木彫のかめを小箱に取り付けて、講習会を開きました。この箱は、中に印鑑セットが入っていて、印鑑入れとしても、使えますし、印鑑のセット取り外すと、小箱としても使えます。木彫のかめを持って、小箱を開けたり閉めたりできるので、ひとつ作っておくと、お部屋のインテリアにもなります。

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

メニュー
プロフィール

渡辺二笙

Author:渡辺二笙
学生時代より木彫工芸に取組み、木彫はちのす会副会長を努める。1992年「NHK婦人百科」、1999年、NHK「おしゃれ工房」に講師として出演。西宮教室をはじめ、NHK大阪文化センター、東京大崎教室、東京三越カルチャー、神戸海星女子学院などの講師を務める。
著書に、「初歩からはじめる木彫」(NHK出版)・「木彫りがおもしろい」(マコー社)・「おしゃれな木彫を趣味に」(マコー社)ほか多数

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR